獣姦K子さん その6

男であることを捨てて獣姦になり、獣姦娼婦や獣姦の愛人として囲われていらっしゃる獣姦の方々の手記を紹介しております。

獣姦K子さん(32)

獣姦アナル娼婦のK子さんを目撃された獣姦好きな方の書き込み その2

獣姦アナル娼婦のK子さんが一般人に目撃され、その目撃者の獣姦好きな方がお書き込みされた続きです。

獣姦アナル娼婦のK子さんを目撃された獣姦画像好きな方の書き込み その2」

正直言いますと、最初は獣姦はこちら!アナル娼婦のK子さんとは気付きませんでした。失礼な言い方かもしれませんけど、僕のイメージよりずっと大柄でグラマラスで迫力がありました。獣姦マゾ奴隷って雰囲気はなくて、どこかの獣姦SMクラブの女王様かなと思ったくらいです。階段を昇りながら左の太腿に赤い薔薇のタトゥーがあるのを見つけて、もしかして獣姦アナル娼婦のK子さんさんかなと思い至ったのです。

山の手線最後尾の車両に乗るときも、すぐ後ろについて乗り、何気ない振りをしながら、獣姦アナル娼婦のK子さんを観察していました。色白の見事な胸の膨らみの谷間に咲いた赤い薔薇がとてもセクシーで鮮やかで、獣姦好きな僕はとても興奮してしまい、乗換の○駅を乗り過ごしてしまいました。

改めて書きますけど、獣姦はこちら!アナル娼婦のK子さんの身体とファッション、過激すぎて迫力ありすぎて、獣姦好きであっても、僕のような気の弱い男には、ちょっと近寄りがたいものがあります。○○駅で、勇気を出して声をかけましたけど、それが精一杯でした。それにしても獣姦アナル娼婦K子さんと出会えてラッキーでした。もしもまた獣姦アナル娼婦K子さんと出会うことがあったら、今度こそ勇気を出して獣姦アナル娼婦K子さんと少しの時間でもいいからお話したいと思います。